他山の石2010年02月05日 00時01分

 雪かきを張り切りすぎたのか、久々にダウン。会社を休み療養していると、息子の見ているテレビから気になる言葉が。それは『他山の石』。最近の子ども向け番組では難しい言葉を教えるものですね。もとは中国の古典『詩経』からの言葉で、意味は「よその山から出た粗悪な石が、自分の玉を磨くのに利用できた!」、つまり「人の振り見て我が振り直せ」ですね。

 私は以前、2年間ですが地元情報誌の編集社で働いていました。もともとデザイナー志望でしたが、会社の都合もあり取材と編集に従事。慣れない仕事ではありましたが、楽しさもあり多くのことを学ばせていただきました。
 特に大きな収穫だったのが、ある先輩との出会いでした。社会人としての礼儀作法から編集のイロハまで、一つひとつ丁寧に教えていただき、今でもそのすべてが財産です。私が会社を辞めるときも、自分のことのように親身になっていただきました。

 その先輩が先日、上司からの度重なる陰湿なイジメとパワーハラスメントに耐えかねて会社を退社。その間まったく支えることができず、自分の力不足を悔やんでいました。そんなとき耳にしたのが『他山の石』だったのです。「あんな愚かな人間になってはいけない」と戒めにし、「この体験を良いことに役立てよう」と考え、自分の気持ちを整理することができました。

 世の中には簡単に解決できない悩みや苦しみ、納得いかない矛盾した出来事が起こります。でも、たったひと言の「言葉」に救われることもあるんだなと感じました。
 気持ちを切り替えて、先輩を全力でサポートできそうです。よし、また一歩前に進んだなぁ。

二日酔いの正月準備2009年12月30日 18時25分

いい顔しているね、玄関飾り
今年は遅くなってしまいましたが、玄関飾りと神棚のしめ飾りの設置、仏壇の掃除を午前中に行いました。本当は男の仕事ですが、忙しい私に代わり、妻が松やしめ縄を選んできてくれました。それがまた、けっこういい「顔」。例年以上にいい飾りになりました。
昨夜は会社の忘年会があり2時過ぎまで飲み明かしていたせいか、頭と胃腸が重い。今年の大掃除は最低限で済ませ、午後はぐったり。体力不足、段取り不足に反省です。いつものことだが声もかれているぞ!この酔っぱらいが!

今年の締めの仕事はこのサイト。これが一番可能性があるかな、と感じています。まあ、まだまだ詰めが甘い。来年が勝負だな。
http://geta-logo.com/

復活!2009年10月26日 01時17分

こおろぎ会の皆さん
 先週の土曜日の話ですが、久々に【ふぉの】の「第3土曜ライブ」に行きました。あたたかい店の雰囲気と音楽が僕を包み込んで…。この感覚、ちょっと忘れかけていました。やっぱり僕の体は音楽がエネルギー源のようです。

 仕事は「なんだかな〜」って感じです、ホント。僕はウェブサイトのディレクションからデザイン、グラフィック部門のサポート、メーカーとの交渉、最近は営業活動、テレオペ、人の世話ごとまで、何でも「自分の力になる」と信じて取り組んでいます。
 しかし、新しい仕事が増えるほど問題が山積みに。「自分の仕事にどれだけ責任を持てますか?」。5年、10年前には考えもしなかったことで悩みます。みんな「何のため」に仕事をしているんだろう。

 前進しなくなったら会社は終わり。というわけで第2弾、10月1日オープンの自社運営サイトはこれです。
http://syukyaku-r.com/

しばらくお休みをください2009年09月09日 21時20分

 お久しぶりです。8月から仕事でネット事業に専念しており、帰りが深夜になっております。投稿したいネタは盛りだくさんなのですが、しばらく落ち着くまでブログをお休みしたいと思います。勝手を言って申し訳ありませんが、会社が深刻な状況ですので少し集中したいと思っています。
 連日の午前様は久々ですが、結構まだまだいけるもんです。でも毎日、自分のスキル以上のことに頭を使っているせいか、知恵熱が出ております。
 第一弾のサイトは9月1日に完成しました。時間がある方はご覧ください。こんなのがしばらく続きそうです。

http://t-hondukuri.com/

1年たって思うこと2009年05月20日 01時04分

時路屋のラーメン(550円)
 昨年5月に勤めていた会社が倒産して、はや1年がたちました。アホな会社役員らに憤りを感じ、彼らの尻ぬぐいをする日々。はらわたが煮えくりかえって寝れない日もありました。そんな嫌気がさしていた矢先の倒産に、「無念の思い」は1年がたった今でも消えることはありません。
 しかし今思えばすべてが勉強でした。学んだことはたくさんありますが、一番は「人が大事」ということでしょうか。人と人、1対1の関係。目の前の人のことを思いやれない人が、部課をまとめることはもちろん、組織を運営していくことなどできないということ。決して自慢ではありませんが、今、私が人の上に立って指示を出せるのも、トラブルを解決できるのも、多少のつらいことを乗り越えられるのも、すべてあの「暗黒の日々」があったからだと感じています。
 新しい職場では、ありがたいことに先輩方に気を遣っていただいていることもあり、のびのびと仕事に打ち込んでいます。会社としては業務内容の転換期で、まだ少しばたついている感は否めませんが、若さと新鮮さと運(笑)はあります。止まりません、あきらめません。目標に向かって真っすぐ突き進みます!

 写真は天竜峡・時路屋のラーメン。ここは古くから天竜峡駅前にあって、訪れる旅行客の舌を楽しませてきました。どこか懐かしい昔ながらのラーメンや、ちょっと味が濃いめのカツ丼も人気があります。

破竹の勢い2009年04月16日 02時13分

 ジャイアンツは6連勝。ちょっと気が早いけど、このままの勢いで優勝だ!

 最近、仕事場での私は絶好調…とは言い過ぎですが、アイデアも生まれやすくデザインの考えもきちんと整理できている感じ。グラフィックとウェブの仕事が入り乱れた環境でも対応できています。なんだろう、さえているのか?、慣れなのか。
 しかし、この勢いがいつまでも続くとは限りません。会社の現状はかなり厳しく、自分一人の力ではどうにかなるわけもありません。個人ではなく、社員全体に「破竹の勢い」がほしい。そしてその勢いが「安定」に変わったらたいしたもの。でも、やる気も緊迫感もない者が多すぎて困ったもんです。
 個人的には、あと5年で「地元のデザイン会社では右に出る者なし」って状態が目標です。まずはコミュニケーション作りのための飲み会だ!

 ボウリングチーム解散後、2カ月ぶりに助っ人として大会に参戦しました。めずらしく3ゲーム目に爆発し、チームは圏外から大逆転の準優勝。まさに「破竹の勢い」でした。復帰間近!?

第9回 現代の創造展2009年03月01日 19時57分

宮島さん制作のポスターの数々
 飯田市美術博物館で開催されている「現代の創造展」は、今年で9回目をむかえました。地元作家の作品にくわえ、今年は私のデザインの師匠である宮島充彦さんのグラフィックデザイン作品も学芸員企画として展示されています。今回始めて見るポスターもありましたが、久々の“ミヤジマ流”拝見です。芸術作品とともに観覧したせいか、作品に込められたメッセージがより強く感じられました。年々、そのクオリティーに磨きがかかっているように感じられます。自分の仕事に対するスタンスを考えさせられました。