僕なりの3.112011年06月24日 03時01分


しばらくブログをお休みしていました。
約半年ぶりの更新となります。

昨日は夏風邪をこじらせて会社を早退。すやすやと寝る子どもたちの横で、高熱にうなされながら夢に見たのは、津波とがれきにの飲み込まれる港町の映像でした。これが初めてではありません。僕は今回の大地震から何かが狂いはじめ、いまだに本来の自分を取り戻せないでいる心の弱い人間です。
こんなこと、いつまで続くのでしょうか。あー、情けない。


あらためまして。
この度の東日本大震災により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

あの日、激しい大地の揺れを職場で感じました。すぐにどこか遠くの大地震だと思い、インターネットの地震速報を確認。地震の規模を知り、その日は胸騒ぎがして仕事になりませんでした。
昨日のことのようですが、もう3カ月以上も前なんですね。

チェーンメールや政府の対応に日本中は大騒ぎ。現地に身一つで乗り込む勇敢な人もいれば、人気取りのために炊き出しを行いメディアに売り込む愚か者も。惜しげもなく多額の義援金や物資を送る人もいれば、この期に及んでビジネスチャンスだと舌なめずりする者もいます。
「日本人は秩序のある素晴らしい民族だ」と海外からたたえられながら、ののしり合い、けなし合い。皆さんの目にはどう映ったでしょうか。

そうこうしている間に自粛ムードの波が到来。地元神社の春季祭典は、開催希望の嘆願書を提出するも中止と決定。当時は何もかもが不謹慎だという空気が流れていましたね。今では自粛ムードはどこへやら、今度は節電ですか。単なるブームで終わらないことを願うばかりです。

僕は大震災のことを頭のずっと隅っこの方に追いやり、毎日を笑って過ごしています。仲間とお酒を飲み、くだらない話題で盛り上がっています。原発で作った電気を当たり前のように使って生活をしています。大した義援金や物資も送らず、ボランティア活動にも参加せず、自らの生活に追われ、日々四苦八苦しています。僕は、残酷な人間です。

そんな自分を責め続けて3カ月。初めのうちは罪悪感に押しつぶされそうになり体調を崩す日々でしたが、最近は家族と友人の支えで仕事も生活も何とかこなしています。速度と精度は落ちましたが。
少しずつ、よく考えて、これからも心の整理を続けていきます。


被災された方は今後、どう気持ちの整理をつけるのでしょう。

大好きな家族も、恋人も、友だちも、ペットも、職業も、同僚も、念願のマイホームも、大切にしていた愛車も、趣味の道具も、思い出のアルバムも。
目に見える「幸せの象徴」はみんな流されてしまいました。
皆が必死に追い求めていたものは本当に「幸せ」だったのでしょうか。

地震も津波も、天地自然のみが成せる業。何か大きな意味があったはずです。ではどんな意味でしょうか。もしそれを分かったとしても、被災者の皆さんはそれを納得して受け入れられるでしょうか。


福島原発の事故は僕にとっても切実な問題です。幼い子どもを持つ親としては、正確な情報で子どもや家族を守っていかなければなりません。
「もうその土地は事故前の状態には戻らない」と、復興の希望を持っている人や生まれた故郷へ戻りたいと願っている皆さん、そして僕らが自覚しなければいけないと感じています。

これから町の復興は進んでいくでしょう。しかし、被災者の皆さんの心の奥に突き刺さった苦しみや悲しみは置き去りにされたままです。
やはり自分自身で乗り越えていくしかないのでしょうか。


僕はただひたすらに、目の前にいる人のために、大切に思う人たちのために、全力で生きていくことしかできません。少しのあいだは、そのことに集中していきたいと思います。前を向いて、上を向いて。
「自分の家族すら幸せにできない人間に、他人を助けることなどできない」

いつか同じような事態が僕の身に起きたとき、それを乗り越えられるような自分づくりをしていかなければなりません。

これが地震から3カ月経った今の僕の気持ちです。


どうでもいい「ひとりごと」を長々と書きました。失礼しました。


飯田と福島はどれくらい離れているのでしょうか。

行く年、来る年2010年12月31日 16時43分

今年も残すところあと1日。
反省点もあり、収穫も多い年でした。
大みそか、振り返るには遅すぎるかな。

昨日から大掃除、年賀状の制作、正月飾り、
今日は年取りの準備に追われました。
お正月もあいさつ回りの予定がぎっしり。
飲み会の機会も多かった12月ですが、
今回の年越しも胃が休まりそうにないです。

来年は年男。飛躍の年となるでしょうか。
毎年ごとの細かい目標はあるものの、
「自分の成長」以外に割く時間もなく、興味もない。
それ一筋に全力で突き進む年になりそうです。

年賀状のキャッチにも書いたのですが、
自分らしく、ワガママに、思いっきり自己主張したい。
2011年は、攻めていきますよー!

正月飾りと息子たち

生きる2010年08月01日 02時26分

 親は子どもに何を期待するのだろう、子どもは親に何を期待しているのだろうと、考えています。僕ら夫婦が子どもに「こんな人間になって欲しい」という思いがあるように、逆に子どもたちには「こんな親であって欲しい」という思いがあるはず。子どもたちが元気で素直に成長してくれていることにあぐらをかき、分かっているような顔をして、何も分からないまま毎日を過ごしてきました。どんな親であるべきか。
 子どもたちや、その子孫たちが大人になり幸せに生きる姿を想像しながら、そのためにはどうしたらよいのかと考えます。目に見えない何かを伝えていくことが親の役目ではないかと。
 最近、迷って、ぐちゃぐちゃになって、逃げたくて、また迷って。そんな七転八倒をくりかえす中で、少しだけ、ほんの少しだけ光が見えてきた気がします。やっぱり自問自答の力ってすごい。
 しっかり前を向いて「生きたい」と思います。



「あなたのことが知りたくて、ただそれだけで一杯だった。
 私は、あなたが幸せに生きる姿をまだ知らない。
 野に帰ったあなたがどんな声で鳴くのか、まだ知らない。
 私は・・・生きたい」
(NHKアニメ『獣の奏者エリン』最終回より引用)


おいなりさん参り2010年05月04日 23時05分

 7日間あったゴールデンウィークもあと2日となった今日、家族で愛知県の豊川稲荷へ参拝に行ってきました。以前から伺いたいと思っていた自分の思いと、「連休ぐらいどこかへ連れて行け」と訴える家族の思いが合致。子どもたちが喜ぶであろうと、お得な乗り放題乗車券「青空フリーパス」を使い、飯田線の特急「ワイドビュー伊那路」に乗って電車の旅に出かけました。
 豊川稲荷は日本三大稲荷の1つとされ、正式名称は円福山豊川閣妙厳寺。本尊は千手観音、そして鎮守として豊川荼枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)がまつられています。

豊川稲荷の門前にて

 この日は春季大祭だったこともあり表参道から境内にかけて数多くの出店や催しが開かれていて、とてもにぎやかでした。さらに勇壮な御輿渡御や美しく着飾った稚児行列、大般若経転読などが見られて大満足。奥の院ではお財布やカバン、全身に切火(火打石を打って火花を起こすことによって行う清めの儀式)をしていただきました。日々のお礼はもちろん、今日は少しだけお願い事もさせていただきました。
 公私ともに問題は山積みですが、「少しずつ、できることから片付けていこう」と前向きな気持ちになれました。門前にある「曽我の軒」での昼食もおいしかった!子どもや妻、母も喜んでくれたみたいで良かったです。

曽我の軒「鰻まぶし稲荷寿司きしめんセット」

大鹿桜まつり2010年04月21日 01時35分

 17日に大鹿村の大西公園で開催された桜祭りに行ってきました。前日の雨で少し地面がぬかるんでいましたが、子どもたちは大はしゃぎ。僕ら夫婦は人の多さに疲れてしまいましたが、「来年もまた行きたい」と思わせる、見応えのあるすばらしい桜群でした。
 桜好きの私も、今年はあまり飯田下伊那の桜を見られませんでしたが、翌日には清内路まで足を伸ばして黒船桜を見てきました。都合が付けば今週末には駒つなぎの桜を見に行く予定。でも今年はこれで見納めかな。

大西公園の桜の下で

他山の石2010年02月05日 00時01分

 雪かきを張り切りすぎたのか、久々にダウン。会社を休み療養していると、息子の見ているテレビから気になる言葉が。それは『他山の石』。最近の子ども向け番組では難しい言葉を教えるものですね。もとは中国の古典『詩経』からの言葉で、意味は「よその山から出た粗悪な石が、自分の玉を磨くのに利用できた!」、つまり「人の振り見て我が振り直せ」ですね。

 私は以前、2年間ですが地元情報誌の編集社で働いていました。もともとデザイナー志望でしたが、会社の都合もあり取材と編集に従事。慣れない仕事ではありましたが、楽しさもあり多くのことを学ばせていただきました。
 特に大きな収穫だったのが、ある先輩との出会いでした。社会人としての礼儀作法から編集のイロハまで、一つひとつ丁寧に教えていただき、今でもそのすべてが財産です。私が会社を辞めるときも、自分のことのように親身になっていただきました。

 その先輩が先日、上司からの度重なる陰湿なイジメとパワーハラスメントに耐えかねて会社を退社。その間まったく支えることができず、自分の力不足を悔やんでいました。そんなとき耳にしたのが『他山の石』だったのです。「あんな愚かな人間になってはいけない」と戒めにし、「この体験を良いことに役立てよう」と考え、自分の気持ちを整理することができました。

 世の中には簡単に解決できない悩みや苦しみ、納得いかない矛盾した出来事が起こります。でも、たったひと言の「言葉」に救われることもあるんだなと感じました。
 気持ちを切り替えて、先輩を全力でサポートできそうです。よし、また一歩前に進んだなぁ。

食べられることの喜び2010年01月27日 19時09分

満津田食堂の「チキンカツ丼」
 先日、ご夫妻ともにお世話になっているfullさん宅へiMacの修理がてらおじゃましました。いつもお気遣いいただき、今回も大好物のドライカレーをごちそうに(残念ながら撮影に失敗)。しかも調子に乗っておかわりをする始末。さらにチーズで作った酒のおつまみをお土産にいただきました。心残りは7年目のiMac。よくがんばっていますが少し修理が必要のようです。
 おいしいものをおいしく「食べられる」って、ありがたいことです。作っていただく方はもちろん、食材、自分の健康も、すべてに感謝ですね。

 最近は仕事やお付き合いで外食が多く、妻と胃腸に気を遣う毎日。写真は久々に訪ねた満津田食堂の「チキンカツ丼」。お店の方の人柄が味にしみ込む、甘辛タレが絶妙な逸品です。